学校で名刺を作るという課題がありました。

自分は以前からスチームパンク風のデザインが好きだったので、まごうことなく歯車を取り入れたデザインにしました。

完成品はこちらです。名刺の裏デザインに採用しました。

 

作っている最中でスクショをとっておけばよかったのですが、スクショを取っておらず、かつ制作から日がたっているので、当時どのように描いたのかを思い出しながらのふわっとメイキングになります。ごめんなさい。。

 

まずは歯車を描きます。

以降では、自分流歯車の描き方を紹介しています。

◆簡単な歯車の描き方1

※追記:さらに簡単に描く方法を後述の「簡単な歯車の描き方2」に記載しています。

 

1. 1 中身が空洞の円を2つ描く

楕円形ツールを使って描きます。

 

1.2 円の外側から中心にかけて直線を引く。

円からはみ出す長さはお好みで。線を引いた後に選択ツールで長さを変えるのでも良いです。

 

1.3 回転ツールに切り替え、1.2で書いた直線を選択した状態で、Altを押しながら円の中心をクリック。

 

1.4 以下のダイアログが表示されるため、角度を入力し、「コピー」(「OK」ではなく)を選択

図の例では、円の外側に8本の線を引きたいため、360/8(つまり360°を8等分した角度)と入力しています。

 

1.5 最初に選択した線を360/8°(45°)に回転させた線(「コピー」を選択した場合、最初の線は消えずに残る)が引かれました。

 

 

1.6 残りの6本の線を引きます。

上記1.3~1.5を6回繰り返してもいいですが、Ctrl+Dを6回押すことで、簡単に6本の線を引くことができます。

 

1.7 線の太さを変更

今回は20ptにしてみました。

 

1.8 最初に描いた2つの円を選択し、オブジェクト複合パス作成を選択。

これにより、独立した2つのオブジェクトが1つのオブジェクトとみなされます。

つまり、2つの円→ドーナツ型の図形としてみなし、ドーナツの部分に色が塗れるようになります。

 

1.9 ドーナツの部分に色を塗ります。

1.8で作成した複合オブジェクトの線と色を反転させます。

 

1.10 8本の線を選択した状態で、オブジェクトパスパスのアウトラインを選択。

 

1.11 さらに、パスファインダーウィンドウの「合体」を選択。

8本の線のアウトラインが連結した状態になります。

 

1.12  8本の線に加え、1.9の複合パスも選択し、パスファインダーの「分割」を選択。

これによりパスの交点が分割される。

 

1.13 ドーナツ型の内側の線をDeleteキーで消す。

歯車の歯の部分が完成です。

 

1.14 上記1.2~1.6の容量で、内側の線を引く。

線の数はお好みで。図では、3本引きたかったため、回転ツールの角度設定は360/3°=120°にしました。

 

◆おまけ

ダイレクト選択ツールを使って、歯の付け根部分を角丸にしたり、歯車の中心に軸穴をあけることでもっとそれらしくなります。

 

 

ひとまず 今日はここまで。